ピアノがお家にあって、音感の良いお子様がおられるお母様へ

お子様がまだ小さくて、お家にすでにピアノがある場合、音感の良いお子様はピアノを習っていなくても,楽譜を読めなくても、耳で聴いたメロディーをピアノで弾けるようになります。

とても喜ばしい事なのですが、そこで困った事がおきます。

図にありますように、小さいお子様は、ほとんど最初は1か2の正しくない手の形でピアノを弾きます。

そして、まだ骨の軟らかい内にペタンコ指で弾いていると、骨格がそのようになってしまい、直すのに本人の並々ならぬ努力と時間が必要になってきます。

お母様がピアノを勉強した経験があり、お子様に助言されるケースは別として、そうでない場合はどうか速やかにピアノ教室へお子様を通わせていただきたいと思います。

「美しい演奏は正しい手のフォームから」前々回のお知らせでお話しました。

習い始めで両手で同じメロディーを弾いた時に、右利きのお子様は右手が1か2、左手が3になる人がとても多いです。

左手の方が素直に覚えてくれるのです…。

お子様に苦労をさせないために、ピアノで遊び始めたら、最寄りのピアノ教室へ!

お電話でのお問い合わせ

080-5258-3215

受付時間 14:00~20:00
お電話もしくは、メールフォームから受け付けております。
受付時間外のお問い合わせは、メールフォームよりお願い致します。
※「WEBサイトを見た」とお伝えください。

メールフォームからのお問い合わせ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号 (必須)

メッセージ本文